お問い合わせ アクセス

自然

イベント

グルメ

歴史・文化

観光・体験

イベント画像

江戸時代から続く天下の奇祭「宮田祇園祭」. クライマックスは神輿を幾度となく石段から投げ落とし破壊します。その神輿の破片を屋根に上げると厄除けなどのご利益があるといわれています。 その他、屋台、祇園囃し、阿波踊りなども祭りを盛り上げます。

毎年10月17日に不動滝例祭が執り行われます。今では大変珍しい形態での神仏混淆による例祭です。

宮田村誌によれば。荘厳な瀑布はおのずと不動尊と結びづけた信仰を生み。寛政7年(1795)、当村の小町谷文五郎、唐木五郎右衛門は不動尊像を寄進したとあります。 昭和44年、祠の朽ちたのを宮田商工会が浄財を集めて新築し、同時に金山彦神を改めて岐阜県南宮神社から勧請して祀った。とあります。

以下「上伊那郡史」によれば。 貞観2年(860)慈覚大師の弟子の本聖上人が仏法修行のため東国に下り、たまたま上穂の山麓の地に錫杖を駐め、 草庵を結んで顕密の教法を勧修していたところ、一夜霊夢に感じ、太田切川の上流の黒川の大瀑布の渕底から不動明王の小像一体を感得することができた。 そこで今の地より西方裏山の堂平と呼ばれている所に一宇を造営し、不動明王を安置した。これが光前寺の開創で、不動明王を感得した滝を不動滝と呼ぶようになった。と記述されています。


神仏混淆による祭壇です
不動明王と金山彦大神が祀られます
宮司様とお寺様による
祭事の様子です
例祭参列者による
玉串奉奠の様子です
お寺様による拝礼
の様子です
日本酒と尾頭付きの
献杯により終了します。
(田作りが代用されます)

先頭へ戻る 先頭へ戻る

信州宮田村公認の地域ポータルサイト「こいこいみやだ」公式ブログ 宮田村商工会 宮田村商工会館内第3種旅行業者 みやだ旅サロン 宮田村商工会青年部
Triangle Win - 中小自営業者のためのホームページ作成と空メールのハイパー共和国 求職者支援訓練、公共職業訓練は宮田ビジネス学院へ 宮田村商工会 宮田村商工会青年部 バナー広告募集中